日々これ好日

山や自然、音楽が好き。そんな私は色々な事が起きる日々の中で、好き日を過ごす事を考えています。

自作料理

僕達のベーグル

ベーグル。調べてみると東欧が発祥らしい。しかし初めてそれを知ったのは間違えなく米国だった。ゲート周りに漂うキャラメルポップコーンとシナモンロールの甘い匂いとそれはセットになっていた。シカゴ・オヘアかサンフランシスコ。そのあたりの空港だろう…

やる気スイッチ・スープカレー

北杜夫氏は自分の好きな作家だが、彼を人気作家にのし上げた1965年の書「どくとるマンボウ航海記」はいったい何度読んだのか。水産庁の調査船の船医として彼は船に乗り込み航海に出た。彼にとり初めての海外だ。スリランカのコロンボに立ち寄った時の話…

コゴミとホタルイカ

犬を連れての朝の散歩。リビングの南面にみる甲斐駒にかかる雲の流れで今日の天気はいかほどか、と推測するのも楽しい。戸外でると八ケ岳が北に見える。そんな道を辿っていくと、妻は突然しゃがみこんで摘むのだった。花ではない。それは野生のコゴミだった…

魔法の調味料

パスタは美味しい。初めて食べたのは何時だろう。母親が作っていたものが最初だろう。それはフニャフニャの麺をケチャップで炒めたようなものだった。大学の学生食堂ではミートソースのスパゲティがあった。挽肉のソースが美味しかった。がこれまた柔らかな…

フキ三昧

子供の頃、原っぱにたくさん咲いていた名も無い花を姉は無心に摘んでいた。それは小さな花束になり持ち帰ると母は「マーガレットね」と言うのだった。姉の嬉しそうな顔と花を摘む後ろ姿はよく覚えている。眼の前の路傍の草の前にしゃがんでプチプチと音を立…

食は力なり

「今日も明るく元気にやって行きましょう!」そんなポジティブなメッセージを書かれるブロガーさんがいらっしゃる。僕はいつも楽しみに読んでいる。彼女のブログにはいつもページの最後に一家の食卓の皿が写真でアップされている。手の込んだ料理は如何にも…

スパイスの難しさ

専門店で食べたことは一度きりだった。それで自分で何とか似たものを作ろうというのも無理な話だった。それらしかったが違っていた。本物を食べたくなり店を探した。隣町のショッピングビルのフード・コートの一角に店を見つけた。 スープは辛さが三段階。載…

お手抜きボンゴレビアンコもどき

週末休日の昼食担当は結婚してからずうっとだから30年以上経つ。いったい何食作ったのか計算する気にもならないが、果たして何を作って来たのかと言うと、これは簡単だ。ラーメン、うどん、そば、焼きそば、パスタ。おおくくりではこの5種類になる。これに具…

巡り巡って

昨年の今ごろ、いや少し前だろうか。道路わきに野生の蕗の群生地を見つけて、少しまとめてとって煮物にしたのだった。今朝犬の散歩をしに外出した妻がビニル袋に半分くらい、蕗を摘んできた。今年は少し遅いね、そんな話をした。この春は真夏日はあれば10℃代…

ひやむぎの季節

なんでも各地で数十年ぶりの5月の真夏日と、そんな報道がニュースで流れている。陽炎が揺れる熊谷の街や、シャツを捲し上げる勤め人で溢れる新橋駅前がテレビに出てくるのも時間の問題だろう。目下は確かに日中の日差しはきついがあまり湿度が高くないので救…

ねばねば美味い納豆パスタ

納豆のパスタは食品メーカーからもソースの素が出ているので時々利用させていただいた。納豆にパスタかと初めて目にした時は驚いたが、妙に病みつきになる味だった。しかしイタリアンではないいわゆるパスタ屋の納豆パスタは食べたことが無い。もう少し手の…

料理の先生

料理と言っても自分はきちんと習ったこともない。そもそも家庭料理は習うものかどうかも知らない。しかし結婚した頃に好奇心から地元の公民館の料理教室に通った。奥さんに少しでも自分の作ったものを食べてもらいたいという気持ちだろうか。30年以上昔の話…

面倒なことは楽をする 

夕食にピザが食べたいなぁ、そう言い出したのは妻だった。非課税世帯としては出費は控えたい。そもそも自分は趣味と称して山靴や自転車でそこら中に出かけては出費を重ねるのだから、日用のものは安い店で値引きシールの付いた品だけを買っている。加え、こ…

トルティーアの簡易なスナック

先日家で食べたメキシコ料理もどき。トルティーアもチップスも市販品があるから、あとは具を作ればそれらしくなる。チキンやアボガドなどの具が残っているうちは何度も作ったが、最後にシーズニングスパイスも底を尽きた。トルティーアは10枚入りだったがも…

追加の皿・ワカモレとチキンファヒータ

近所に何故かメキシコ料理店がある。そこは色々なテナントが出たり入ったりしていた。無理もない、高齢者が多い住宅地の交差点。駐車場もなく近所の高校生で登下校時は狭い道が鈴なりになる。レストランとしてはなかなか定着しない場だろう。 メキシコ料理店…

ニンジンのパスタですか?

ニンジンは子供のころは好きではない野菜の最上位だったかもしれない。小学校の飼育室に居るウサギが食べるのを見て、へえーと不思議に思ったほどだ。またカレーライスが好きではないので必然的に食卓にあがらなかったのだろう。成人して、ファミレスなどで…

茶殻のペペロンチーノ・アリオリオ、次回こそ

食事当番の自分としては出来るだけ目新しくて美味しい料理をご主人である奥様に出したいところ。しかし用事があったり疲れていたりするとたちどころに手抜きになりある時はベーカリーのパンになったり。何にしても文句言わずに食べてもらえるので助かってい…

葉の花のおひたし

季節のものに反応するようになったのはやはり歳のせいだろうか。 春と秋は嬉しいもの。土地の恵みを味わう季節だ。息吹の春は山菜や野草。恵みの秋は野菜全般、きのこも良い。 季節を感じるかのようにそんな恵みを戴く時に思うようになった。「ああ、また新…

スープカレーは癖になる?

ラーメンとカレーが日本人の二大国民食という話もよく言われる。何故だろう、自分はカレーとは縁が薄かった。カレーライスという食事は、おかずらしいものがない。なんだか手抜きの極み。申し訳程度の具材にカレー粉とメリケン粉だろう?そんな風に思ってい…

春がすぐそこに・菜の花パスタ

妻が職場で立派な菜の花を貰ってきた。同僚の方がプランターで育てたというものだった。スーパーで見かけるよりも大振りで、イキが良い。 これどうしようか、と聞くので即座にパスタと頭に浮かんだ。 味付けは「何とかの一つ覚え」。オリーブオイルとニンニ…

冬の味 ‐ カブ・柚子胡椒・アボガドのパスタ

カブをどさりと大きな袋で頂いた。友人には家庭菜園を営む人も多い。鍋にしたり煮物にしたりと考える。一方妻は喜んでぬか漬けにしている。色々な料理で冬の味覚を満喫する。そして残ったカブ。パスタにしようと考えた。 冷蔵庫を見て使える具材で対応だ。様…

オイル・サーディンはありがたい?

オイル・サーディンと聞いてどう思うか? 「料理に便利だよね」と細君は言う。…そうだろうな、実際よくパスタに使うしね。 しかし特定の人種は、「いやー、嫌だよね。避けたいね。」と言う。その人種とは「山ヤ」と呼ばれる人々。オイル・サーディンという単…

根なし草の作るお好み焼きは広島です

「あなたのお国は何処ですか?」と問われると返答に窮する。出身地か、どこで長く暮らしたか?という意味か。何処に住んだことがあるのか?どこで過ごしたことがあるのか?。TPOに応じて、次の会話のピンポンが長く続くように答えを選ぶ。自分の中では全てが…

ゴマの威力 手ごねハンバーグ

テレビ番組で放送していた。手ごねハンバーグを美味しく作るコツを紹介していたのだ。ハンバーグについてはこちらもそれなりにトライして、自分の中のベストレシピは持っているつもりだ。あくまで「リタイアお父さんの趣味料理」の域は出ないが。 合い挽きに…

シーフードミックスを使おう

冷凍の袋詰め。袋を開けるだけだから気楽な食材。しかしざっとフライパンにあけて炒めると、何と水気が出てくる。具から出た白い汁が満ちてくる。 ああ水出てきた。火力不足なのか。もっと強火で長く炒めれば水気も飛ばぬか。そうやっても水分は大して飛ばな…

さやえんどう

昼飯にタンメンを作ろうとしていた。 我が家のタンメンは賞味期限切れの野菜の処理を兼ねるので何でも入ってしまう。キクラゲなどのあれば良いな、という具も、棚や冷蔵庫に残っていない限りは逆に入らない。モヤシばかりはそれがないと成立しないので都度買…

豚肉とネギのカレー粉炒め

これは自分が考え出した料理でもない。学生街の定食屋にはありがちなメニューかもしれない。しかし豚肉とネギのカレー粉炒め、というだけでそれ以上の詳細はわからない。 が、自分の中でこの料理の出どころだけははっきりとしている。それは小説、角川の文庫…

冬瓜の季節です。煮物にて

晩夏から秋の終わりに向けては冬瓜の季節。大きいので丸まる一個は売られていないが1/4程度にカットされたものをスーパーで見かける。安かったので手が出た。鳥の挽肉とあわせると美味しい煮物が出来る。しかしまずはあり合わせで。冷蔵庫の中身の処分を兼ね…

イワシの開きを蒲焼風に

「今日の夕食はどうしようか?」 まとめ買いもせずに効率は悪いかもしれないが、妻とそんな会話をしながら近所のスーパーを歩くのは楽しい。これが無いと一日が終わる気がしない。やる気まんまんでスーパーに出かけると、思いのほか安上がりな出来合いの品が…

顔の見える食材は嬉しい

スーパーでもよく見かける。「このホウレン草は○○市の△△さんの手作り野菜です」。値段は少し高めでも、安心して手を出せる。その袋に、オジサンなりオバサンのイラストが描かれてたら、イチコロだ。わずかこれだけの努力でその袋を選ぶのだから、なかなか効…