日々これ好日

山や自然、音楽が好き。そんな私は色々な事が起きる日々の中で、好き日を過ごす事を考えています。

山にまつわる随想

森の聖母が棲む山 鍋倉山スキー行

鍋倉山(海抜1289m)の名前に接したのは20年以上前だろうか。 バックカントリースキー・山スキーは自分には「ネイチャースキー」というネーミングで入ってきた。それは急峻な山岳地帯をも活動の対象とするアルピニズムの一形態である山スキーよりも、雪の森…

信越トレイル山スキー 袴岳

GWは例年山スキーだ。今年は友人と信越トレイルの鍋倉山。となるともう一か所は何処にするか。 9年前の鍋倉山では野沢温泉スキー場から千曲川の七ケ巻集落へ尾根を下るというクラシックツアールートを絡ませた。それは上部にはルートファインディングの楽…

追憶の百名山を描く・浅間山

●始めに: 日本百名山。深田久弥氏が選んだ百の名峰。山岳文学としても素晴らしい書ですが、著者の意とは反して、このハントがブームになって久しいです。自分は特に完登は目指していませんがただ良い指標になるので自分で登れる範囲で登っています。またこ…

娘からの挑戦状

入院中の話・・。 「父親よ、あーた入院で頭ボケてんじゃないの?活性化せよ。」と言わんばかりに長女から挑戦状が来た。 この娘とは、自分が山登りをしつけた?おかげか、山登りは苦にせず、これまでも百名山を含むいくつかの山に一緒に登ったし、登りたい…

都会にある里山にて

自分が住む街は東京23区を除くと市としての人口は日本で第一位という。2022年時点で人口370万人に近い大都市だ。 実際高台にある我が家のベランダから外を見る。丹沢・箱根・富士・奥多摩・秩父の山々は望めるものの、手元はあきれるほどの住宅と集合住宅で…

2年ぶりの「カチリ」 富士二ツ塚BC

「カチリ」。良い音だ。 テレマークスキーの3ピンビンディングを嵌める時はテレマークブーツの先端裏側の3つの穴をビンディングの3つの突起に嵌合させてから上からストックの石突でビンディングの抑え金具の先端を押し込む。その時に鳴る「この音」が好きだ…

シールの補修とメンテ

スキーのシール。山スキーをやらない方には「???」かもしれません。 スキー板で登山、滑走。あるいは高原の散策。踵がガチガチに固定されているゲレンデ板でこれらをやろうとは思いません。逆ハの地で登るか、横に向いてエッジを立てて階段登高するか。い…

懐かしい旧い友人

いったい幾つの山の夜をこいつとともに過ごしたのだろう。 彼は少し気難しい。火をつけるのはコツが必要だ。チューブに入ったメタか、固形のエスビットか。はたまたティッシュをこより状にまいて、そこにスポイトで少しガソリンを垂らすか。このプレヒートさ…

楽しい季節のはずですが

雪が落ち着くころ・・3月末から5月まで。我ら山スキー愛好家にとっては最も楽しい季節です。自分の脚前は十分承知しているので、季節や選ぶ山には慎重です。安全重視で、滑りよりもむしろ歩きにもウェイトがあるルートが好きです。南八甲田がその最たる例か…

海辺の街・逗子へ

寒気の続く季節、寒さに負けて家の中に居るのも情けない。少し寝坊した朝。思い立って湘南の海を目指した。 逗子の街並みをじっくり歩いたことはない。数か月前のサイクリングで自宅から逗子へそして市内を走り、独特なスローな雰囲気を感じた。それは心地の…

今朝の北岳

今朝は外を歩く時間が遅く空気は霞っぽくなり光線の具合もイマイチでした。もう少し早い時間帯に歩かなくてはいけません。 自宅から見える「甲斐の白根」。堂々と続く北岳から間ノ岳の3000m級スカイラインと久しぶりにお会いしました。今年の2月3月には入院…

そしていつか 

「いきますよぉ。」 掛け声とともに苦しそうな吸引音とむせび音。 カーテン越しの向かいのベッド、辛そうだ。あぁサクションか。あれはきついな。自分自身が数か月前脳腫瘍を摘出した直後の集中治療室で何度も味わった苦痛。それを生々しく思い出す。 隣のベ…

山の絵を飾る

コロナで山へ行くことが叶わなかった今年のゴールデンウィークはずっと家のレイアウト変更、大掃除をしていましたが、ようやく連休中にひと段落着きました。 もう25年近く前に買った絵ですが、白根三山の絵を綺麗になった自分の部屋に再び飾ることが出来まし…

近所の散歩道から北岳を見る

あ、今日は見える!すごく良く見える! 散歩していた犬をせかすように自宅に戻りカメラを手に数分、息せき切って戻りました。一眼レフに望遠をつけて走ります。心臓の鼓動が収まらないままドキドキしながらシャッター連打。上手く写っていてくれ! 近所の裏…

修理に出した登山靴

巣鴨の登山靴店で修理を頼んでいた登山靴が戻ってきました。 右側の薄茶の軽登山靴は10年間履いてきましたが、ビブラムソールの張り替え、それに親指上部のアタリが気になっていたのでそこを少し広げてもらいました。 左側の濃茶の重登山靴は約25年前に買っ…