日々これ好日

山や自然、音楽が好き。そんな私は色々な事が起きる日々の中で、好き日を過ごす事を考えています。

どうしたものか

とても音痴だ。すこし鼻の詰まったような声質がそこに加わり自分の歌など聞きたくもない。しかし子供時代からずっと音楽の授業での合唱が大好きだった。小学生では「気球に乗って何処までも」「夏の思い出」。中学高校になると「翼をください」「誰もいない海」…。懸命に歌うと気持ちよかった。

社会人になり会社の先輩が唄うコーラスを見に行った。曲目はヘンデルメサイアだった。一発でやられた。先輩はソプラノのパートに属していた。大きく口を開いて楽しそうな彼女は輝いていた。当時も今もバッハの鍵盤曲に傾倒しているのはそこで体感する精密な対位法の堅牢さや立体感が余りに魅力的だからだ。複数の旋律がそれぞれの異なった声部となり有機的に絡まりあって立体的に音楽になる様は鳥肌が立つほどの感動をくれる。例の「ハレルヤ」を含むメサイアはそんなカノンとフーガを管弦楽に加え合唱で表現する曲だから魅力的でないはずが無かった。合唱による対位法表現は器楽に加えてよりアコースティックな「人の声」が楽器として加わるのでさらに優しく美しい音楽になる。

合唱のついた管弦楽。好きなものを列挙するなら十指には収まらない。やはりバッハやヘンデル、それにハイドン。さらにモーツァルトベートーヴェンブラームスブルックナーあたりの曲になる。いずれにもバッハが完成させた対位法の影響が色濃く残る。そこに惹かれている。王様の戴冠を讃える曲もあるが多くくりをすればミサやカンタータ、レクイエム、鎮魂歌と言った宗教曲というジャンルになる。神様への真摯な向き合いがそこにはある。もちろんそれより以前のグレゴリオ聖歌なども素朴で透明な祈りがあり、素晴らしい。

自分も合唱団に参加したいな、という夢がある。そこで対位法という精巧につくられた建築物の一部になれるのならいうことはない。あの先輩のように全力燃焼したい。歌うなら宗教曲のコーラスだった。自分はバスではなくテノールだろう、などと勝手に思っている。しかしネックがある。酷く音痴な事。そしてドイツ語の歌詞。障壁は高い。合唱団に加わり小声で歌うか口パクでも決してばれないだろう。しかしそういう問題ではなく音楽の一部になりたいと生意気にも思うのだから手に負えない。

どうしたものか高原の観光案内書で困ったパンフレットを見つけてしまった。「参加者を募集します。ベートヴェン 序曲献堂式、ミサ・ソレムニス(荘厳ミサ曲)」。12月3日、山梨県YCC県民ホールとある。オーケストラと合唱団の募集だった。ミサ・ソレムニスの楽譜は各位持参で練習に参加の事、と書かれていた。譜面を読める人の前提だ。本番に向けての練習はゲネプロを入れて3回と書かれている。敷居は高い。

ミサ・ソレムニスは全曲通して70分を超える。聴きごたえがある。ドラマティックな全編を通じてバッハの影響を感じる。アニュス・デュイでの盛り上がりでは見事なフーガが展開される。好きな曲の一つだ。山崎豊子の小説「白い巨塔」。高校の頃に読んだきりでうろ覚えだが、主人公である野心家の医師・財前が世を去った時に彼の理解者でもあり好敵手だった里見はその死にミサ・ソレムニスが流れているのを頭の中で感じていた。そんなエンディングだったと記憶する。テレビドラマではニヒル田宮二郎のはまり役だった。劇的な音楽は野心家の死を弔う曲と言えばそうも聞こえる。…どうしたものか、これはお呼びではないな。それこそ黒スーツを着て口パクで出させてもらえるのならば話は別だが。まぁ、チケット買って聴きに行こう。

密かに腹式呼吸を身に着けてボイストレーニングをするか。英国に渡り王室の為に音楽を作っていたヘンデルならば英語の歌が多いのでドイツ語よりは敷居が低そうだ。先輩が唄っていたヘンデルメサイヤ。その中でもハレルヤではなく大好きな第11部の合唱 For unto us a child is born だけでもいいから歌わせてもらえないだろうか。合唱好きだった少年の夢はそれでまず果たされる。夢は多ければ多いに越したことはない。そして言うだけは誰に迷惑をかけるわけもないのだから。

とても憧れる。この中の一員で歌いたい。しかしとても敷居は高い。いつの日かを目指したいと思う。