日々これ好日

山や自然、音楽が好き。そんな私は色々な事が起きる日々の中で、好き日を過ごす事を考えています。

さっぱりしました!

今日は我が家の駄犬君が3ヶ月ぶりのトリマーさんから帰ってきました!

シーズーは毛は全く抜けませんが、ひたすらボウボウ毛が伸びます。だから毎月一回程度のカットは必須で、これまでは自分がずっとカットしてます。しかし毎回自己流カットで続けていくと、小綺麗にしたつもりでもいつの間にか汚らしくなります。どこかでプロによるリセットが必要です。そんな感じでトリマーさんには3か月に1度程度お願いしています。

f:id:Gonta7LKF3:20210731075126j:plain

久々にトリマーさんに連れてって貰った!さっぱりしたぜ!

夕方ピックアップに行くと彼は尻尾がち切れんばかりでブルブル震えて大興奮。このシーンは飼い主だけの喜びですねー!

トリマーさんにシーズーの、カットのコツを教わりました。

① 顔の作り方:

自分は顔のだいたいの造形は頭は6mm、顔周りは3mmのアタッチ面とを付けたバリカンでやり、その後形を丸くハサミで整えていましたが、こうするとシーズーの魅力である「丸さ」が出てこなくて悩んでました。やはりトリマーさんは、ハサミとすきバサミで、丁寧に整えていくということでした。切れるすきバサミなどは持っていません。次回のために準備しましょう。

② 肉球周り

自分も、同じ、1mm歯のバリカンでやっているのですが、道具がプロ用だと違うということでした。僕も一応プロ用と書かれたモノを使ってますが、やはり作業台とか、色々設備の差がでるようですね。

③ 下半身

ここは清潔にしたいところです。1mmのバリカンで仕上げているそうです。自分も同じです。

④ クシの大切さ

シーズーの外毛はかなり固い部類になるそうです。しかもくせ毛の場合が多く、ウチの駄犬も伸びてくるとくせ毛になります。いきなりバリカンを入れてもなかなか上手くいかないので、しっかり櫛を入れてくださいという事でした。

 

さて1か月後、どこまでできるか・・。

今日の彼はシャンプー仕立てで良い匂い!

さて、彼は今晩自分と寝るか、奥さんと寝るかで、夫婦の間で争奪戦です。でも夏は暑いから気づいたら遠く離れた所で彼は寝てることが多いですね。